信越トレイルオフィシャルサイト produced by Shinetsu Trail Club

トップページ
信越トレイルクラブへの入会について

トレイルを歩くための情報

トレイルを歩くための情報
  • 歩き方
  • アイテム
  • トレイル
  • ガイド
  • アクセス
  • 宿泊施設

信越トレイルクラブの活動について

信越トレイルクラブの活動について

信越トレイル整備について

整備日程はトップページのお知らせコーナーで随時告知しています 信越トレイルは、平成12年の調査段階から8年の歳月を経て、2008年9月13日に全線が開通しました。開通に至るまでには、国、長野・新潟両県、隣接する9市町村(当時13市町村)、地域内の関係団体、アウトドアメーカーをはじめとする企業、何より多くの一般ボランティアの皆様による協力がありました。信越トレイルの本格的整備開始以降、全線開通に至るまでには述べ2000名もの方々に協力をいただくことができました。2009年からは、メイントレイルとアプローチトレイルの整備を隣接する各地域や団体が分担して受け持ち作業を行っています。
 信越トレイルが、これから50年、100年と地域をはじめ多くの方に愛され、 このトレイルを介して多くの交流が生まれ、そして誰もが安心して利用できるトレイルであり続けるために、引き続き皆様のご協力をお願いいたします。


トレイル整備の様子
雪が融けたらまずトレイル全線を
一斉点検します。
その後、順次冬の間に崩れてしまった
トレイルの修復や倒木を処理します。
6月以降は、草丈が伸びる箇所が多いので、 草刈り作業が中心です。
土留めを兼ねた階段は極力現地で
除伐した木を使用します。
道標は今後も必要に応じて順次設置します。
一人一人が出来る作業を分担します。
ご安心下さい。

自然環境保全への取り組み

信越トレイルクラブでは、トレイルの適切な利用を進めるために、これまで(平成20年9月の全線開通までに)延べ700名ものボランティアの方々による自然環境の調査が行われてきました。

運用開始以前から継続しているモニタリング調査

image平成16年春よりトレイル全線での環境調査を実施し情報を収集、動植物の生息状況、水源利用状況、交通量・入山状況等に関して得た情報をもとに信越トレイルの運用方法や今後の調査計画を策定しています。


「信越トレイルの利用と保全に関する検討委員会」の設置・運営

構成メンバーは環境保全の専門家、観光事業者、トレイル整備に参加する住民など様々です。環境調査の結果や利用上の新たな課題に対して開催され、信越トレイルクラブが行う諸活動を適正化させることを目的としています。

猛禽類調査

image貴重な猛禽類の生息が確認されている牧峠〜天水山区間で、調査を実施。出現した猛禽類の個体数、飛翔ルートなどを記録し、その中から貴重な種の抽出と今後の整備・利用の方針、将来的な自然環境保全の指針を打ち出して、利用状況を見ながらの継続実施を考えています。




Copyright(C)SHINETSU TRAIL CLUB. All Rights Reserved.