富倉そば歴史・文化

雪深く小麦が採れない飯山市富倉地区では、そばのつなぎにオヤマボクチ(別名:ヤマゴボウ)の葉の繊維を用いた。コシが強くみずみずしい食感をたのしむことができる。長野・新潟県境にある富倉地区に「はしば食堂」「かじか亭」の2店舗あり、飯山市街地でも富倉そばを食することができる店舗が数軒ある。
信州いいやま観光局